病院の日常清掃・ビルの総合管理|千葉県内の医療施設総合管理は花椿テクノサービス

TEL043-306-2340

受付時間 09:00~20:00(日・祝日除く)

院内感染対策について

TOP > 医療関係者の方へ > 院内感染対策について

目に見える汚れだけでなく、
目に見えない汚れ「菌」まで除去します!

院内における二次感染は、もっとも防がなくてはならない問題です。
当社では、この問題に対処すべく、使用するモップやタオルをエリアごとに色分けするほか、常に清潔なものと交換する「オフロケーションシステム」を採用しています。

目に見える汚れだけではく、目に見えない汚れ「菌」まで除去します!

花椿テクノサービスの病院清掃におけるルール

(1)汚染(菌)をほかのエリアから持ち込まない

病室、事務所、トイレなど、各区域間で汚染を持ち込み拡散してしまう「交差汚染」のないようにすることが大切です。

汚染(菌)をほかのエリアから持ち込まない
(2)清掃中に汚染(菌)を発生させない

清掃を担当する作業者の意識が低いと、手洗いを怠ったり服装が不衛生であったりということから汚染を引き起こす可能性があります。

清掃中に汚染(菌)を発生させない
(3)汚染(菌)をほかのエリアに移さない

「汚染されているエリア」「汚染されていないエリア」の区分を意識せずに清掃を進めていると、清掃後のクリーンなエリアに汚染を持ち込んでしまうことがあります。汚染されているエリア、汚染されていないエリアを判別しやすい清掃手順が必要になります。

汚染(菌)をほかのエリアに移さない

花椿テクノサービスの病院清掃の特長

(1)モップヘッドは使用ごとに交換

通常清掃では使用後のモップヘッドを水洗浄のうえ再使用しますが、病院清掃では汚染拡散防止のため、一度使用したモップヘッドは使用いたしません。

モップヘッドは使用ごとに交換
(2)エリア・清掃場所ごとに清掃用具を色分けして識別

ほかエリアの汚染を持ち込まないため、エリア・清掃場所ごとに清掃用具を色分けして識別し、交差汚染を防いでいます。

エリア・清掃場所ごとに清掃用具を色分けして識別
(3)海外メーカーの最新機器を使用

100年以上の実績を持つ世界的プロ用清掃機器メーカーであるNilfisk社の最新機器を導入し、使用しています。

海外メーカーの最新機器を使用

二次感染を防ぐ清掃方法の徹底

(1)壁面・天井を含めた立体的な清掃

床面だけでなく、天井や壁、カーテンレール、ドアノブ、照明器具、表示プレートなどに付着した目に見えない汚れ(菌)を除去するため、立体的な清掃を行っています。

壁面・天井を含めた立体的な清掃
(2)モップの一方向拭きの徹底で再汚染を防ぐ

モップの拭き方を一方向に限定することで、モップヘッドの両サイドで一度清掃した箇所を再度汚染してしまうことを防ぎます。

モップの一方向拭きの徹底で再汚染を防ぐ
(3)目につきにくい箇所の清掃の徹底

ベッド下など、目につきにくい箇所の清掃を徹底することで、汚染の除去残しを防止します。

目につきにくい箇所の清掃の徹底

花椿テクノサービスの病院清掃の特長

  • 病院清掃の特長

    院内感染の予防につながり、安心・安全な病院を保つことができます。

  • 病院清掃の特長

    患者様や病院職員の方の健康を守ります。

  • 病院清掃の特長

    病院の信頼感とイメージアップにつながります。